放射線安全管理部    アイソトープ基盤研究部門

放射線業務従事者初心者講習会のお申し込みはこちらの事務室です
【アイソトープ棟】案内図AnzenKanribuMap
 TEL:029-853-2513
     (事務室)
 TEL:029-853-2514
     (放射線管理室)

放射性物質環境移行部門

【総合研究棟A405号室】
 TEL:029-853-4226
 onda”@”geoenv.tsukuba.ac.jp
  (””を外してください)

環境動態予測部門

【アクセス】
〒305-8577 
 つくば市天王台1-1-1
 TEL:029-853-2532
 FAX:お問い合わせ下さい
 jimu”@”ied.tsukuba.ac.jp
  (””を外してください)

Archives


森林と放射性物質移行モデルに関するセミナーシリーズ

セミナー開催のお知らせ

【1】 11/2(土)13:00〜17:00
【2】 11/5(火)17:30〜19:00


セミナーの主旨

森林における放射性物質の移行は,下流環境への影響が懸念されるとともに,木材自体への放射性物質の移行・蓄積が懸念されます。これらの問題につきましては,チェルノブイリ原発事故後におきましては,IAEA主導により多くのモデル研究の比較が行われ,多 くの 成果が上げられ,放射性物質が降下した森林の管理のあり方に対しての提言も数々なされております。一方で,フランスIRSNは独自に モデル開発を行う等,放射性物質の環境中での移行・蓄積の調査の中心的課題となっています。これに対し我が国においては,材木の放射性物質規制値も定まっておらず,既存の科学的知見を基にした、事故対応が未だなされてい ない のが現状です。

今回は、筑波大アイソトープ環境動態研究センターおよび福島大環境放射能研究所の協力のもと,チェルノブイリ原発事故後における 放射 性物質移行調査,移行モデルを主導した IAEA Sergey Fesnko氏,ウクライナ農業大学 Valery Kashparov氏らのセミナー,およびIRSNの移行モデルについて包括的に議論できるセミナーを企画いたしました。

なお,ウクライナ農業大学からは,研究者が今後2年間福島大学環境放射能に滞在し共同研究を行う予定となっておりますととも に,IAEA Terrestrial Environment Laboratoryについても,今後国際共同研究を行う方向性となっております。IRSNにおきましては,筑波大学アイソトープ環境動態研究センターお よび福島大環境放射能研究所と共同研究を11月からスタートの予定ですので,この機会にさらなる共同研究および政策 提言 を行うきっかけになればと思います。


セミナー1:
IAEAとウク ライ ナの森林における放射能動態の第一人者を招いて,森林管理のあり方を含めて議論します。
ロシア語ー日本語逐次通訳にて行います。

・日時:11/2(土)13:00〜17:00
・場所:筑波大学総合研究棟A110(下記URLのポスターにアクセス情報あり)
・ 発表者(所属)および発表タイトル
○Valery Kashparov (Director, Ukranian Insititue of Agricultural Radiology of National University of Life and Environmental Sciences of Ukraine)
発表タイトル: Management of contaminated forest and meadow environments in Ukraine based on monitoring data and model predictions
○Vasyl Ioshchenko  (Head, Laboratory of Radioecological monitoring, and mathematical modelling and dosimetory, Ukranian Insititue of Agricultural Radiology of National University of Life and Environmental Sciences of Ukraine)
発表タイトル: Chernobyl forests: major problems and concerns”
○Sergey Fesenko (IAEA, Terrestrial Environment Laboratory)
発表タイトル:Sampling/monitoring programmes in the forest affected by the Chernobyl accident, and Dynamic models for evaluation of Cs behaviour and countermeasures for contaminated forests.

ポスター日本語版

英語版

 


セミナー2
日時:11/5(火)17:30〜19:00
・場所:筑波大学総合研究棟A110(下記URLのポスターにアクセス情報あり)
・ タイトル: Modelling of Cesium Transfer and Ambiant Dosimetry in Forest Systems :
Current IRSN Approach and Prospects (概要は ポスター参照)
・発表者(所属): Dr. Marc-André Gonze
(Institute of Radioprotection and Nuclear Safety (IRSN, France) Environmental
Division)

 ポスター

 


参加料は無料です。

人数把握のため、参加ご希望の方は iidatomoyuki#@#ies.life.tsukuba.ac.jp ま でお申込みください。

(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

申し込みなしの当日参加も可

放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究

原子力災害による環境・生態系影響リスクマネジメントプログラム(ENEP)

Search

パンフレット

アイソトープ環境動態研究センター利用細則