放射線安全管理部    アイソトープ基盤研究部門

放射線業務従事者初心者講習会のお申し込みはこちらの事務室です
【アイソトープ棟】案内図AnzenKanribuMap
 TEL:029-853-2513
     (事務室)
 TEL:029-853-2514
     (放射線管理室)

Archives


新規登録

初めに (登録前に)

筑波大学に所属する方で、放射線管理区域に立ち入り、放射性同位元素及び放射線発生装置を利用したい場合には、あらかじめ次の項目を満たす必要があります。

 
・ 放射線障害を防止するために必要な教育及び訓練の受講
・ 特殊健康診断の受診

 
放射線安全管理部では、これらに相当する「放射線業務従事初心者講習会」を主催しています。
この初心者講習を必ず受講して下さい。

 

放射線業務従事初心者講習会

—– 教育訓練 —–
初めて管理区域に立ち入る者を対象に、放射線障害の防止に関する知識・技術を習得させることを目的とします。
—– 健康診断 —–
また、従事者に対して初めて管理区域に立ち入る前に、健康診断を実施します。

項目   時間数
放射線の人体に与える影響 30 分以上
放射性同位元素等の安全取扱い (実習有) 4 時間以上
放射線障害の防止に関する法令 1 時間以上
筑波大学放射線障害予防規程 30 分以上
     ※ 健康診断を含め 2 日間で実施します。

 
時間数は法令で定められていますので、遅刻, 欠席した場合は修了証を発行出来ません。
健康診断についても、学内で受診できない場合は、外部機関で受診する (個人負担) 必要があります。

 
実習は 2 種類あり、いずれか一方を受講することになります。
  (実習 1) 密封された放射性同位元素を取り扱う、または放射線発生装置を利用される方
  (実習 2) 非密封放射性同位元素を取り扱う方

 

新規登録手続き

実際の放射線業務従事者登録は、利用したい事業所に直接書類を提出, 受理され初めて完了となります。
初心者講習を修了しただけでは、登録されません!!

 
ここでは、アイソトープ環境動態研究センター放射線安全管理部での手続きについて紹介します。

 
―― 提出書類 ―――――――――――――――――――――――
1. 放射線業務従事初心者講習会修了証の写し
2. 放射線取扱者健康診断証明書の原本
3. 筑波大学放射線業務従事者登録申請書
4. 放射線施設使用承認申請書
    ※ 学外で作業される方は不要です。
5. ガラスバッジ申込書
    ※ ガラスバッジは有料です。必要な方は、支払関係者の捺印をいただいた申込書を提出して下さい。
――――――――――――――――――――――――――――――

 
登録手続きは、戸籍名で申請して下さい。
登録開始時期の前月 20 日までに書類を提出して下さい。翌月 1 日が登録日となります。

 
なお、初心者講習受講後 1 年以上経過している場合は、再度教育訓練を受ける必要がありますので、放射線管理室へお申し出下さい。初心者講習の一部を、再教育として受講していただきます。

 

放射線業務従事経験がある場合

筑波大学以外の機関で放射線業務に従事していた方が、筑波大学で新たに登録をしたい場合の手続きです。

 
上記の登録申請書類 1. 及び 2. の代わりに、放射線取扱経験証明書が必要になります。
(放射線取扱経験証明書は、教育訓練, 被ばく線量, 健康診断の記録が証明されていれば書式は問いません。)

 
必要に応じて、再教育, 健康診断を受けていただくことがあります。証明書を用意 (教育訓練, 被ばく線量, 健康診断の記録を確認) したうえで、放射線管理室へお申し出下さい。
※ 再教育の場合、初心者講習の一部を受講することになります。

 

放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究

Search

パンフレット

アイソトープ環境動態研究センター利用細則