放射線安全管理部    アイソトープ基盤研究部門

放射線業務従事者初心者講習会のお申し込みはこちらの事務室です
【アイソトープ棟】案内図AnzenKanribuMap
 TEL:029-853-2513
     (事務室)
 TEL:029-853-2514
     (放射線管理室)

放射性物質環境移行部門

【総合研究棟A405号室】
 TEL:029-853-4226
 onda”@”geoenv.tsukuba.ac.jp
  (””を外してください)

環境動態予測部門

【アクセス】
〒305-8577 
 つくば市天王台1-1-1
 TEL:029-853-2532
 FAX:お問い合わせ下さい
 jimu”@”ied.tsukuba.ac.jp
  (””を外してください)

Archives


研究業績

古川准教授(CRiED)らの研究成果が「Plant and Cell Physiology」誌に掲載されました

2017/07/20

筑波⼤学、秋⽥県⽴⼤、および農業・⾷品産業技術総合研究機構との共同研究の成果がPlant and Cell Physiology誌に掲載されました。 本研究は、放射性セシウムの吸収量を親品種の1/10以下に低減したイネの […]

高橋助教と恩田教授の論文2報がWeb of Science のHot Paperに選ばれまし た!

2015/11/20

最新の科学研究動向の分析を行うトムソンロイター社は、Environment / Ecology分野のHot Paper(出版後2年以内の論文のうち最近2カ月で特に著しく引用された論文<被引用数が上位0.1%に入る論 […]

恩田センター長がウィーンで開催の「Consultants Meeting on “Soil and Vegetation Sampling”-土壌と植生サンプリングについ ての専門家会議-」に出席

2015/11/20

IAEAは、2004年に「環境汚染物質のための土壌サンプリング(IAEA TECDOC 1415)」を発行しましたが、土壌サンプリングについてのガイドラインの提示のみにとどまっていました。 2013年からは植生サンプリン […]

全球の表層土壌水分量を計測するNASAの衛星SMAPが打ち上げられました

2015/02/09

全球の表層土壌水分量を計測するNASAの衛星SMAPが,1月31日現地時間6:22に米国カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から打ち上げられました.当センター浅沼教授のグループと我が国の宇宙航空研究開発機構(JAXA […]

公開データ利用で遺伝子実験センター渡邉教授・菊池准教授が論文を発表

2013/11/14

筑波大学遺伝子実験センターの渡邉教授・菊池准教授が,環境動態予測部門の公開データ (降水量・2009年8月〜11月)を利用し,論文を発表されました。 Plant Biotechnology 30, 357–363 (20 […]

放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究

原子力災害による環境・生態系影響リスクマネジメントプログラム(ENEP)

Search

パンフレット

アイソトープ環境動態研究センター利用細則