環境動態予測部門

【アクセス】
〒305-8577 
 つくば市天王台1-1-1
 TEL:029-853-2532
 FAX:お問い合わせ下さい
 jimu”@”ied.tsukuba.ac.jp
  (””を外してください)

Archives


利用申請

講義・学生実験等で会議室をご利用の方

講義・学生実験等で会議室の利用を希望される方は,以下から該当する申請書をダウンロードし,記入のうえ下記までご提出ください.書類に捺印を必要としない場合はe-mail添付による送付でも結構です.不許可の場合をのぞき,特にご連絡はいたしません.

 利用申請書(講義・学生実験・集会用) WORD PDF

≪お問い合せ・提出先≫
〒305-8577 つくば市天王台1-1-1
筑波大学アイソトープ環境動態研究センター 環境動態予測部門 事務室
TEL:029-853-2532  FAX:お問い合わせ下さい
MAIL:jimu”@”ied.tsukuba.ac.jp(””を外して送信してください)



研究等でご利用の方

共同研究申請書(様式2) 「放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究」のホームページからダウンロードとなります。

「アイソトープ環境動態研究センター」ではオールジャパン体制で放射性物質の拡散・輸送・沈着・移行過程を解明し、その実態とメカニズムを解明し、それに基づいて長期的な汚染状況の予測と被ばく線量の低減化のための方策を掲示することにより先端的かつ融合的な研究の学術基盤の確立、そしてその成果の国内・国際社会への還元と発信を目的とした共同研究拠点の形成を「アイソトープ環境動態研究センター」と「弘前大学被ばく医療総合研究所」を基幹研究機関として進めております。

その一環として研究課題公募「放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究の募集」を行いました。

これまで環境動態予測部門の「観測圃場及び水路施設などを使用した研究目的としての利用」の方には、部門指定の様式であった「利用申請書(研究)」をご提出して頂いてまいりましたが、今年度からは申請様式が変更され、本事業拠点の設備・データベース・試料などを用いた研究で、「若手共同研究」・「重点共同研究」・「国際共同研究」に該当しない研究はすべて「一般共同研究」扱いとなり、新書式(様式2)をご使用のうえ申請いただくように変更となりました。申請は随時行うことができますが、学外の方はセンター側の受入研究者(教員等)が必要です。学内利用者は受入研究者を定めずに申し込めます。

なお、「講義・実習・集会等の教育目的である利用」では、従来通り「利用申請書(講義・学生実験・集会用)」をお使いのうえ、利用申請を行って頂きますようお願いいたします。

以上のことから、研究関連のご利用には新様式の申請書にて申請していただきたくお願いいたします。また、既に今年度の研究利用を旧申請書で申請いただき、ご利用頂いている利用者の方にも、大変お手数をお掛けいたしますが、改めて新様式で再提出していただきますようお願いいたします。

≪お問い合せ・提出先≫
〒305-8577 つくば市天王台1-1-1
筑波大学アイソトープ環境動態研究センター
環境動態予測部門 事務室
TEL:029-853-2532  FAX:お問い合わせ下さい
MAIL:jimu”@”ied.tsukuba.ac.jp(””を外して送信してください)
共同利用拠点 事務局
TEL:029-853-2532  FAX:お問い合わせ下さい
MAIL:ipe”@”ied.tsukuba.ac.jp(””を外して送信してください)


【アイソトープ環境動態研究センター利用細則等】
細則
利用細則
利用負担金の額及び負担方法を定める細則

放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究

原子力災害による環境・生態系影響リスクマネジメントプログラム(ENEP)

Search

パンフレット

アイソトープ環境動態研究センター利用細則