パンフレット

放射線安全管理部    アイソトープ基盤研究部門

放射線業務従事者初心者講習会のお申し込みはこちらの事務室です
【アイソトープ棟】案内図AnzenKanribuMap
 TEL:029-853-2513
     (事務室)
 TEL:029-853-2514
     (放射線管理室)

放射性物質環境移行部門

【総合研究棟A405号室】
 TEL:029-853-4226
 onda”@”geoenv.tsukuba.ac.jp
  (””を外してください)

環境動態予測部門

【アクセス】
〒305-8577 
 つくば市天王台1-1-1
 TEL:029-853-2532
 FAX:お問い合わせ下さい
 jimu”@”ied.tsukuba.ac.jp
  (””を外してください)

Archives


メディア

【メディア】高橋純子助教の共著論文についてプレスリリースされました

2021/01/20

森林内の放射線量を決めている要因をシミュレーションにより解明―2017年以降、森林の放射線量の大半が土壌表層5cm内の放射性セシウムに由来することが判明― 令和3年1月20日掲載

【メディア】青山客員教授らの研究成果がプレスリリースされました

2021/01/19

核実験由来のセシウム137は半世紀後も森林内に留まっていた森林土壌に含まれる核実験由来の放射性セシウムの量を日本全国の土壌試料を分析して明らかにした研究成果について書かれています。令和3年1月19日掲載

【メディア】青山客員教授の研究成果が中国新聞に掲載されました

2021/01/02

【ヒロシマの空白】黒い雨、解明への道筋は<2>新たな検証 五つの視点、課題は山積 国が検討会 令和3年1月2日掲載

【メディア】恩田教授らの研究成果が赤旗新聞 科学に掲載されました

2020/12/10

福島原発事故から10年 陸域セシウムの動き みえてきた210以上の論文を検証し、Nature Review Earth & Environmentにて発表した研究成果について書かれています。令和2年11月30日掲 […]

【メディア】恩田教授らが発表した研究成果が日本経済新聞に掲載されました

2020/11/18

福島原発事故の放出状況を分析 筑波大学、日本原子力研究開発機構や福島大学が共同で東京電力福島第1原子力発電所の事故で放出された放射性物質の動きを解析し、チェルノブイリ原発事故より環境回復は早いと結論づけたレビュー論文に関 […]


Environmental Radioactivity Datasets website at CRiED, Univ. of Tsukuba

放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点

放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究

原子力緊急時対応と放射性廃棄物処理・処分を支える高度人材育成事業(ENEP)

Search

アイソトープ環境動態研究センター利用細則