パンフレット

放射線安全管理部    アイソトープ基盤研究部門

放射線業務従事者初心者講習会のお申し込みはこちらの事務室です
【アイソトープ棟】案内図AnzenKanribuMap
 TEL:029-853-2513
     (事務室)
 TEL:029-853-2514
     (放射線管理室)

放射性物質環境移行部門

【総合研究棟A405号室】
 TEL:029-853-4226
 onda”@”geoenv.tsukuba.ac.jp
  (””を外してください)

環境動態予測部門

【アクセス】
〒305-8577 
 つくば市天王台1-1-1
 TEL:029-853-2532
 FAX:お問い合わせ下さい
 jimu”@”ied.tsukuba.ac.jp
  (””を外してください)

Archives


メディア

【メディア】恩田教授らが発表した研究成果が日本経済新聞に掲載されました

2020/11/18

福島原発事故の放出状況を分析 筑波大学、日本原子力研究開発機構や福島大学が共同で東京電力福島第1原子力発電所の事故で放出された放射性物質の動きを解析し、チェルノブイリ原発事故より環境回復は早いと結論づけたレビュー論文に関 […]

【メディア】恩田教授らが発表した研究成果が朝日新聞デジタルに掲載されました

2020/10/29

福島の放射能濃度低下、チェルノブイリより早く 筑波大 筑波大や福島大、日本原子力研究開発機構(JAEA)など共同で発表した、福島原発事故により放出された放射性物質の減少速度がチェルノブイリ原発事故後よりも大幅に速いことを […]

【メディア】恩田教授らが発表した研究成果が福島民報に掲載されました

2020/10/29

「針葉樹林で最大70%減」2020年10月28日朝刊

【メディア】恩田教授らが発表した研究成果が福島民友に掲載されました

2020/10/29

福島県内「環境回復」…大幅に速く チェルノブイリと『比較』 筑波大や福島大、日本原子力研究開発機構(JAEA)など共同で発表した、福島原発事故により放出された放射性物質の減少速度が旧ソ連のチェルノブイリ原発事 […]

【メディア】恩田教授を中心にしたグループの福島陸域放射能挙動のレビューが Nature Reviews Earth & Environmentに掲載されました

2020/10/28

福島第一原発事故で放出された放射性物質の陸域環境中での動き ~チェルノブイリより環境回復は大幅に速い~ 福島の陸域環境モニタリングに関する研究論文210本以上を網羅的に集約し、特に放射性のセシウム137(137Cs)の陸 […]


Environmental Radioactivity Datasets website at CRiED, Univ. of Tsukuba

放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点

放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究

原子力緊急時対応と放射性廃棄物処理・処分を支える高度人材育成事業(ENEP)

Search

アイソトープ環境動態研究センター利用細則