2019年度 採択課題一覧

▼重点・海外 ・若手 共同研究採択者

採択番号種目氏名所属役職研究課題名受入機関受入研究者
F-19-01重点石塚 正秀香川大学創造工学部教授筑波実験植物園におけるバイオエアロゾルとセシウム濃度の時系列データ解析筑波大学羽田野 祐子
F-19-02重点猪股 弥生金沢大学 環日本海域環境研究センター准教授日本海及び北太平洋における福島原子力発電所由来の放射性セシウム濃度の輸送の時定数と輸送量の推定筑波大学青山 道夫
F-19-03重点宇都宮 聡九州大学大学院理学研究院准教授高濃度放射性セシウム含有微粒子(Cesium-rich microparticle, CsMP)の多角的精密分析に基づく炉内の情報と環境影響筑波大学山﨑 信哉
F-19-04重点岡田 往子東京都市大学 工学部 原子力研究所准教授赤城大沼湖水中における放射性セシウム濃度の時系列データに関するモデル化筑波大学羽田野 祐子
F-19-05重点北 和之茨城大学 理学部教授大気エアロゾルと植物・菌類間での放射性セシウム移行可能性の研究筑波大学古川 純、羽田野 祐子
F-19-06重点熊本 雄一郎国立研究開発法人 海洋研究開発機構主任技術研究員現場観測とデータセット作成による2014年北太平洋全域における福島事故起源放射性セシウムの分布再現筑波大学青山 道夫
F-19-07重点五味 高志東京農工大学 農学研究院教授山地流域における渓畔林-渓流生態系における放射性セシウム動態評価筑波大学加藤 弘亮
F-19-08重点佐藤 志彦日本原子力研究開発機構 廃炉国際共同研究センター研究員シンクロトロン放射光を利用した放射性微粒子の物理化学性状解明2筑波大学末木 啓介
F-19-09重点末富 英一東京都市大学 工学部 原子力研究所特別研究員大気浮遊塵中の放射性Cs濃度の長期予測に関する数理モデルの開発筑波大学羽田野 祐子
F-19-10重点竹内 幸生福島県環境創造センター主任研究員帰還困難区域及びその周辺の河川における溶存態及び河床土の放射性セシウムの濃度変化とその要因筑波大学恩田 裕一
F-19-11重点田中 万也日本原子力研究開発機構 原子力科学研究所 先端基礎研究センター研究副主幹カルサイト及びアラゴナイト中のストロンチウム局所構造解析筑波大学山﨑 信哉
F-19-12重点松中 哲也金沢大学環日本海域環境研究センター助教樹木年輪に記録された原発事故由来C-14の分布筑波大学笹 公和
F-19-13重点保高 徹生産業技術総合研究所 地質調査総合センター主任研究員濃度プロファイルと物質移動シミュレーションに基づく放射性セシウムの挙動予測筑波大学恩田 裕一、高橋純子
F-19-14重点山口 直文茨城大学 広域水圏環境科学教育研究センター助教波浪影響下での泥質堆積物の動態に関する造波水路実験筑波大学関口 智寛、篠崎 鉄哉
F-19-15重点横山 明彦金沢大学理工研究域教授環境中ネプツニウム同位体測定法開発に関わる化学分離法の検討筑波大学坂口 綾
F-19-16重点頼 泰樹秋田県立大学生物資源科学部准教授主要作物(イネ、ダイズ)のセシウム吸収・輸送経路の全容解明筑波大学古川 純
F-19-17重点有馬 ボシールアハンマド山形大学大学院理工学研究科准教授多孔性アモルファス Fe2O3による汚染水の吸着・分離に関する研究福島大学Rahman Ismail Md. Mofizur
F-19-18重点遠藤 大二酪農学園大学 獣医学群 獣医学類教授福島原発事故立ち入り制限区域における野生アカネズミのゲノム変化推定方法福島大学石庭 寛子
F-19-19重点大手 信人京都大学大学院情報学研究科教授福島県北部森林流域からの放射性セシウムの流出と貯水池における堆積メカニズムに関する研究福島大学和田 敏裕
F-19-20重点折原 貴道神奈川県立 生命の星・地球博物館 学芸部学芸員福島原発事故後の森林環境における地下生きのこ類発生状況調査福島大学石庭 寛子
F-19-21重点久保田 富次郎国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構ユニット長帰還困難区域内のため池における形態別放射性Csの分画分析福島大学塚田 祥文
F-19-22重点平良 文亨長崎大学原爆後障害医療研究所助教特定復興再生拠点区域(帰還困難区域)における除染・解体作業による放射性セシウムの再浮遊・飛散性の動態把握
福島大学平尾 茂一
F-19-23重点津田 吉晃筑波大学 生命環境系 山岳科学センター菅平高原実験所准教授帰還困難地域で人間活動が減少した環境下における渓流魚類の集団遺伝学的動態の評価福島大学兼子 伸吾、和田 敏裕
F-19-24重点長谷川 浩金沢大学理工研究域物質化学系教授土壌中の放射性ストロンチウムおよびセシウムに対するキレート洗浄処理技術の開発福島大学Rahman Ismail Md. Mofizur
F-19-25重点保坂 健太郎国立科学博物館 植物研究部菌類・藻類研究グループ研究主幹地下生菌(トリュフ類)と小動物を介した森林内の放射性セシウムの動態把握福島大学石庭 寛子
F-19-26重点飯本 武志東京大学環境安全本部教授環境物質を利用した教育用自然放射線源の開発弘前大学床次 眞司
F-19-27重点岩岡 和輝量子科学技術研究開発機構 量子医学・医療部門、放射線医学総合研究所、放射線防護情報統合センター主任研究員大気中放射性核種測定器校正のための曝露実験弘前大学床次 眞司、赤田 尚史、細田 正洋
F-19-28重点菓子野 元郎奈良県立医科大学先端医学研究機構准教授分泌性因子を介した放射線影響の発現機構弘前大学有吉 健太郎
F-19-29重点苅部 甚一近畿大学工学部化学生命工学科講師河川環境における魚の骨を用いた福島第一原子力発電所事故由来の放射性ストロンチウム汚染の評価弘前大学田副 博文
F-19-30重点神田 穣太東京海洋大学 放射性同位元素管理センターセンター長、教授福島沿岸海域生態系における高線量粒子の分布・性状に関する研究弘前大学田副 博文
F-19-31重点木野 康志東北大学理学研究科准教授福島県浪江町で捕獲されたネコの生殖器中放射性セシウムの測定と分析弘前大学吉田 光明、三浦 富智、有吉 健太郎
F-19-32重点齊藤 敬尚絅学院大学総合人間科学系理工・自然部門教授2ノズルタイプ3Dプリンタを利用したガンマ線測定用基準線源の開発弘前大学田副 博文
F-19-33重点阪間 稔徳島大学大学院医歯薬学研究部教授高精細なMesh-type人体ファントムとPHITS計算を用いた原子力災害に伴う被ばく推定評価法の構築弘前大学赤田 尚史
F-19-34重点佐瀬 卓也自然科学研究機構 核融合科学研究所准教授東日本大震災を経験していない児童等に対する放射線・震災教育の調査および最適な教育コンテンツの模索弘前大学赤田 尚史
F-19-35重点清水 良央東北大学大学院歯学研究科口腔病理学分野助教高線量環境に棲息するアライグマの歯、骨および軟骨を用いた放射性物質の取り込みにおける加齢要因の検討弘前大学三浦 富智
F-19-36重点白井 厚太朗東京大学大気海洋研究所准教授ムラサキイガイを用いた放射性核種のバイオモニタリング手法の開発弘前大学田副 博文
F-19-37重点鈴木 正敏東北大学災害科学国際研究所講師福島原発事故に被災した野生ニホンザル生体試料を用いた放射線影響解析弘前大学三浦 富智、吉田 光明、有吉 健太郎
F-19-38重点高橋 温東北大学病院助教福島第一原発事故後の環境に棲息するアライグマの歯におけるESR測定を妨害する因子の特定とトラブルシューティング弘前大学三浦 富智
F-19-39重点中田 章史北海道科学大学薬学部准教授減数分裂に着目した継世代影響評価系の開発弘前大学三浦 富智、吉田 光明、有吉 健太郎
F-19-40重点則末 和宏新潟大学 理学部准教授日本周辺海域における超ウラン核種アナログ元素群の動態弘前大学田副 博文
F-19-41重点樋口 健太日本医療大学保健医療学部教授桜島の火山活動とラドン及び子孫核種濃度の解析弘前大学床次 眞司
F-19-42重点古川 雅英琉球大学理学部物質地球科学科地学系教授水中ラドン濃度測定による海底湧水探索手法の検討弘前大学床次 眞司
F-19-43重点箕輪 はるか東京慈恵会医科大学 アイソトープ実験研究施設講師福島第一原子力発電所近傍の環境試料の核種分析による沈着状況の解明弘前大学田副 博文
F-19-44重点安岡 由美神戸薬科大学准教授環境中ラドンによる放射線施設監視モニタの感度確認弘前大学床次 眞司、細田 正洋
F-19-45重点山城 秀昭新潟大学 農学部准教授災アカネズミの凍結保存精子を用いた受精能の継時的評価弘前大学三浦 富智、吉田 光明、有吉 健太郎
F-19-46重点立田 穣電力中央研究所特嘱研究員海洋動物プランクトン中易分解性セシウム画分の定量と生物移行モデルによる食物連鎖可給態寄与の解明QST青野 辰雄
F-19-47重点谷口 圭輔福島県環境創造センター研究部主任研究員福島県森林集水域における放射性セシウムの動態解析研究QST青野 辰雄
F-19-48重点村上 正志千葉大学大学院理学研究院教授福島県の森林における放射性セシウムの生物移行の年次変化QST石井 伸昌
F-19-49重点落合 伸也金沢大学環日本海域環境研究センター助教福島県沿岸域の河川水系における放射性セシウムの移行動態JAEA中西 貴宏
F-19-50重点乙坂 重嘉東京大学大気海洋研究所准教授沈降粒子特性の相互比較による陸域-海域間の懸濁態放射性核種の輸送過程の解明JAEA鶴田 忠彦
F-19-51重点川村 秀久一般財団法人九州環境管理協会部長Cs 保持に関わる環境試料の前処理・分析手法の確立JAEA土肥 輝美
F-19-52重点小西 博巳新潟大学理学部教授放射性セシウムの移動媒体についての鉱物学的研究JAEA藤原 健壮、萩原 大樹
F-19-53重点斉藤 拓巳東京大学大学院工学系研究科原子力専攻准教授Cs用DGTデバイスを用いた放射性Csの環境動態評価JAEA藤原 健壮
F-19-54重点佐々木 隆之京都大学 大学院工学研究科原子核工学専攻教授多面的な分光学的手法による多価金属イオンの収着状態評価JAEA藤原 健壮
F-19-55重点二瓶 直登東京大学農学生命科学研究科特任准教授放射性微粒子の作物栽培への影響解析JAEA吉村 和也
F-19-56重点津旨 大輔一財)電力中央研究所上席研究員宇多川・松川浦から海洋への放射性セシウムの供給過程の解明NIES林 誠二
F-19-57重点根本 唯福島県環境創造センター研究部副主任研究員遺伝子を用いた福島県におけるツキノワグマの地域間移出入の解明と放射性核種汚染の関係NIES玉置 雅紀
I-19-01海外LISSAK CandideCean Normandy Univ.Associate ProfessorA spatial and temporal analysis of landscape dynamics after Fukushima accident in evacuated zone using multi-sources images time-series筑波大学恩田 裕一
I-19-02海外Nathalie LEONHARDTCEA BIAMContribution of K transporters to Cs uptake and accumulation in rice筑波大学古川 純
I-19-03海外Olivier MassonIRSNPostdoctoral researcherMeasurement of emission flux of radioactive cesium to the atmosphere筑波大学羽田野 祐子
I-19-04海外Xinchao SunTianjin University Institute of Surface-Earth System ScienceAssociate ProfessorCharacteristics of chemical compositions of xylem sap in a pine forest under environmental changes筑波大学恩田 裕一
I-19-05海外Alex BrandlColorado State UniversityAssociate ProfessorDetermination of Local Ecological Factors on Soil-to-Plant Transfers in Fukushima Forest Ecosystems福島大学Vasyl Yoschenko
I-19-06海外James BeasleyUniversity of Georgia Savannah River Ecology LaboratoryAssociate ProfessorEffects of radionuclide exposure on wild boar福島大学難波 謙二
I-19-07海外Ralf SudoweColorado State UniversityAssociate ProfessorRadiocesium fate and transport in soil-water environment in the proximity of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Plant (FDNPP)福島大学Alexei Knoplev
I-19-08海外Tapashi Ghosh RoyUniversity of Chittagong, BangladeshProfessorStudies on nickel and cobalt complexes of an isomeric polyazamacrocyclic chelator and its N-pendent derivatives for the application in radioactive waste decontamination福島大学Ismail M.M.Rahman
I-19-09海外Thomas JohnsonColorado State UniversityProfessorDetermination of Radiation Dose to Large Japanese Field Mice in the Vicinity of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant福島大学石庭 寛子
I-19-10海外Fei ChenInstitute of Radiation Medicine, Chinese Academy of Medical SciencesAssociate ReseacherMethod development and radioactivity analysis of strontium-90 in environmental samples by ICP-MS弘前大学Guosheng YANG
I-19-11海外Jiating ZhaoInstitute of High Energy Physics, Chinese Academy of SciencesAssociate ProfessorAccumulation, translocation and transformation of Uranium in aquatic food chain弘前大学Guosheng YANG
I-19-12海外Md. Safiur RahmanBangladesh Atomic Energy ComissionChief Scientific Officer (grade3)Facilities development for analysis of radionuclides in environmental samples collected from Ruppur Nuclear Power Plant (RNPP), Bangladesh弘前大学Guosheng YANG
I-19-13海外Hai WangUniversity of South ChinaLecturerStudies on the distribution and migration characteristics of actinides in typical karst environmentQSTJian Zheng
I-19-14海外Wang ZhengTianjin University, Institute of Surface- Earth System ScienceProfessorTracing the sources of Pu and Hg in the deep-sea sediments using Pu and Hg isotopesQSTJian Zheng
I-19-15海外Wu Men(門 武)Third Institute of Oceanography, Ministry of Natural ResourcesAssociate ResearcherPu and Cs isotopes in the sediment cores of the Northwest Pacific after the Fukushima Nuclear AccidentQSTJian Zheng
Y-19-01若手Dmytrii HoliakaThe National University of Life and Environmental Sciences of Ukraine, Forest radioecologyNILESEstimation of biomass and stocks biologically mobility radionuclides using methods of processing aboveground and remote sensing data for radioactively contaminated forests in Ukraine筑波大学加藤 弘亮
Y-19-02若手内山 祐介株式会社 MAZIN取締役ベイジアン移流拡散方程式による大気中の放射能拡散挙動の長期予測筑波大学羽田野 祐子
Y-19-03若手榊原 厚一信州大学理学部助教福島第一原子力発電所事故の影響を受けた山地森林における環境水の滞留時間マッピング筑波大学辻村 真貴
Y-19-04若手田中 草太日本原子力研究開発機構 原子力科学研究所 原子力基礎工学研究センター博士研究員陸生無脊椎動物における放射性セシウムの移行経路の解明筑波大学恩田 裕一
Y-19-05若手野田 祐作農研機構 遺伝資源センター契約研究員茎頂部にCsを蓄積しないVigna 属耐塩性野生種の探索筑波大学古川 純
Y-19-06若手本多 真紀University of Vienna VERA laboratory, Faculty of PhysicsPostdoctoral researcher加速器質量分析による放射性セシウム135の測定筑波大学末木 啓介、坂口 綾
Y-19-07若手折田 真紀子長崎大学原爆後障害医療研究所助教富岡町におけるイノシシ中の放射性物質濃度評価福島大学塚田 祥文
Y-19-08若手城間 吉貴琉球大学グローバル教育支援機構特命助教沖縄県における大陸起源の放射性降下物モニタリング福島大学平尾 茂一
Y-19-09若手鈴木 翔太郎福島県水産海洋研究センター放射能研究部研究員福島県沿岸域における魚類の放射性セシウム蓄積過程の解明福島大学和田 敏裕
Y-19-10若手高木 淳一京都大学大学院情報学研究科研究員福島県の内水面漁業復興に向けた外来種チャネルキャットフィッシュの放射能汚染状況の解明と駆除手法の確立福島大学和田 敏裕
Y-19-11若手寺本 航福島県内水面水産試験場副主任研究員太田川上流域における魚類への放射性セシウム移行特性の解明福島大学和田 敏裕
Y-19-12若手野田 琢嗣京都大学大学院情報学研究科研究員魚類の放射能汚染のリスク評価に向けた原発周辺海域の魚類の移動生態の解明福島大学和田 敏裕
Y-19-13若手松本 陽福島県水産資源研究所 資源増殖部副主任研究員福島県松川浦における魚類の放射性セシウム濃度と栄養段階との関係福島大学和田 敏裕
Y-19-14若手三輪 一爾東京大学大学院新領域創成科学研究科博士後期課程3年放射性物質で汚染された物品等の扱いによる影響の評価福島大学平尾 茂一
Y-19-15若手Donovan Anderson福島大学博士課程 2年DNA Analyses to Estimate Life-time Dose from Radiation Exposures Estimation of life-time doses to wild boar using dicentric chromosome analysis弘前大学三浦 富智、吉田 光明、有吉 健太郎
Y-19-16若手阿部 悠福島県立医科大学医学部助教染色体凝縮阻害剤を用いた新規細胞遺伝学的線量評価法の確立弘前大学吉田 光明
Y-19-17若手五十嵐 悠東京大学大学院博士課程 2年2フィルター法を用いたラドン族濃度測定器の原子力災害における空気中放射性物質濃度測定への応用利用弘前大学細田 正洋
Y-19-18若手大森 康孝福島県立医科大学 医学部 放射線物理化学講座助教ラドン・トロン拡散型測定器に使用される子孫核種除去フィルタのトロン浸透率弘前大学床次 眞司
Y-19-19若手仲宗根 峻也琉球大学大学院理工学研究科博士後期課程1年石灰岩地域特有の複雑な地下水プロセスを解明するためのラドンを用いた定量解析手法の開発弘前大学赤田 尚史
Y-19-20若手藤嶋 洋平東北大学医学系研究科 放射線生物学分野助教Muse細胞を用いた放射線障害に対する治療法の開発弘前大学吉田 光明、三浦 富智、有吉 健太郎
Y-19-21若手三浦 輝一財)電力中央研究所研究員熊川沖の懸濁粒子中のセシウム含有粒子中のセシウムが固液分配に与える影響評価弘前大学田副 博文
Y-19-22若手五十嵐 淳哉大阪大学大学院理学研究科博士課程(D3)福島原発事故により放出された放射性微粒子中に含まれる難揮発性核種の分析QST鄭 建
Y-19-23若手漆原 佑介東北大学医学系研究科助教野生ニホンザルの体内放射性セシウム動態に関する研究QST青野 辰雄
Y-19-24若手片境 紗希富山大学大学院理工学教育部地球生命環境科学専攻博士課程2年放射性核種を化学トレーサーに用いた海底湧水による沿岸海域への水・物質輸送状況の解明QST青野 辰雄
Y-19-25若手Estiner Walusungu Katengeza東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程(D1)水底における堆積物中の放射性核種の移行挙動に関する研究JAEA眞田 幸尚
Y-19-26若手斎藤 梨絵福島県環境創造センター研究部研究員避難指示区域及びその周辺地域を包括した福島県内におけるイノシシの個体群構造の究明NIES玉置 雅紀

▼拠点間共同研究採択者

氏名①所属①氏名②所属②研究課題名共同研究者
恩田裕一CRiED脇山義史IER山木屋における除染された斜面における放射性物質の移行観測 
加藤弘亮CRiEDVasyl YoschenkoIERTemporal change of radiocesium leaching from forest canopies following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident 
高橋純子CRiED塚田祥文IERゼロテンションライシメータを用いた土壌中放射性セシウムの下方移行量の評価 
青山道夫CRiED高田兵衛IER河川から海洋への寄与と天然起源トリチウムを考慮した福島沿岸のセシウムとトリチウムの挙動 
笹公和CRiED脇山義史IER出水時の河川水の137Csおよび129I濃度の時系列変化松中哲也(金沢大学)、松村万寿美(筑波大学)、平尾茂一(福島大学)
加藤弘亮CRiED新里忠史JAEA森林源頭部における水系を通じた溶存態放射性セシウムの流出メカニズムの解明 
古川純CRiED玉置雅紀NIESコシアブラにおける放射性セシウム吸収特性の解析 
坂口綾CRiEDJian ZhengQST環境中のアクチノイド測定法開発とその応用 
平尾茂一IER赤田尚史IREM液体シンチレーションカウンターを用いたトリチウムの精密計測に関する研究 
石庭寛子IER三浦富智IREMイノシシにおける二動原体染色体の検量線作成IREM: 吉田光明、有吉健太郎、IER南波謙二
石庭寛子IER玉置雅紀NIESアカネズミ精巣における8-OHdG陽性細胞の簡易測定法NIES:大沼学、中村織江
兼子伸吾IER渡辺嘉人QST照射実験個体を対象とした塩基配列突然変異の検出法の開発―マイクロサテライトマーカーによる突然変異率評価― 
田副博文IREM高貝慶隆IER表面電離型質量分析装置を用いた高精度Cs-134/Cs-137同位体比分析 
吉田光明IREM山田裕QST低線量率放射線により誘発された癌の遺伝学的変化の解析‐放射線照射したマウスの造血系組織における染色体異常の経時的変化の解析‐ 
細田正洋IREM平尾茂一IER天然放射性核種のトレーサー利用に関する基礎研究IREM:床次、赤田、玉熊
中西貴宏JAEA吉田光明IREM流域環境における放射性物質移行挙動の解明IREM:吉田、有吉、三浦ほか、JAEA:鶴田、舟木、佐久間ほか
鶴田忠彦JAEA林誠二NIES水温・溶存酸素濃度環境を考慮したダム湖底質からの137Cs溶出現象再現モデルの構築JAEA:中西、吉村、舟木、佐久間、越智、NIES:辻、尾崎
石井弓美子NIES和田敏裕IER太田川の水生昆虫における放射性セシウムの生物利用性と放射性セシウム粒子福島大学:難波研二、NIES:林誠二
林誠二NIES鶴田忠彦JAEA太田川森林域からの溶存態137Cs流出特性評価JAEA:中西貴宏、吉村和也、舟木宏則、佐久間一幸、越智、NIES:辻英樹、尾崎宏和
渡辺嘉人QSTVasyl YoschenkoIERComparative studies between field and irradiation experiments for elucidation of environmental effects by the Fukushima-daiichi nuclear power plant accident 山田裕、府馬正一、丸山耕一
青野辰雄QST中西貴弘JAEA河川-沿岸における粒子態放射性セシウムの形態に関する研究 

▼一般共同研究採択者 (2019年11月末現在)

氏名所属受入研究者受入機関研究課題
加藤 弘亮
(准教授)
筑波大学 アイソトープ環境動態研究センター新里 忠史日本原子力機構 福島研究開発部門 福島環境安全センター 環境動態研究グループ森林源頭部における水系を通じた溶存態放射性セシウムの流出メカニズムの解明
加藤 弘亮
(准教授)
筑波大学 アイソトープ環境動態研究センターVasyl Yoschenko福島大学 環境放射能研究所福島第一原子力発電所事故後の森林樹冠からリーチングされる放射性セシウムの時間変化の解明 (Temporal change of radiocesium leaching from forest canopies following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident)
浅井 健彦
(助教)
筑波大学 システム情報系関口 智寛筑波大学同調回転慣性質量機構をもつ波力発電装置の開発
土肥 輝美
(副主幹)
日本原子力研究開発機構 福島環境安全センター玉置 雅紀国立研究開発法人 国立環境研究所 福島支部放射性物質のバイオモニタリングに係る共同研究
岸 和央
(助教)
立正大学 地球環境科学部山中 勤筑波大学安曇川流域における地下水の涵養起源の推定
会田 健太郎
(専門研究員)
国立研究開発法人 土木研究所 ICHARM(水災害研究グループ)浅沼 順筑波大学衛星マイクロ波放射計土壌水分推定アルゴリズムの精緻化と精度向上のための地上マイクロ波放射計を用いた地上検証観測
長谷川 英尚
(副主任研究員)
公益財団法人 環境科学技術研究所 環境影響研究部床次 眞司、赤田 尚史弘前大学福島県浪江町南津島における137Csの大気中濃度と降下量
田林 雄
(講師)
関東学院大学 経営学部浅沼 順筑波大学森林生態系における放射性セシウムの動態把握
大井 將輝
(大学院2年)
筑波大学 生命環境科学研究科 地形学専攻関口 智寛筑波大学野外における塩類風化実験
奥山 克彦
(教授)
日本大学 工学部 生命応用化学科赤田 尚史弘前大学福島県郡山市における放射性セシウム降下量とその季節変動に関する研究