– English

Slide
ERAN(放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点)は
共同利用共同研究拠点(連携ネットワーク型拠点)として
文部科学省により令和10年度までの更新が決定いたしました。

ネットワーク拠点
 ・筑波大学 放射線・アイソトープ地球システム研究センター(CRiES)
 ・福島大学 環境放射能研究所(IER)
 ・弘前大学 被ばく医療総合研究所(IREM)
連携ネットワーク型拠点
 ・日本原子力研究機構(JAEA)廃炉環境国際共同研究センター
 ・国立環境研究所(NIES)福島地域協働研究拠点
 ・環境科学技術研究所(IES)
の6機関で構成されています。

Hot Topics

PRESS RELEASE

A wide-area prediction model for transpiration of cypress plantations using remote sensing

 

ISPRS Journal of Photogrammetry and Remote Sensing

A paper and research content by ERAN 2023 member Prof. Takashi Gomi of Nagoya University, Prof. Yuichi Onda of the University of Tsukuba, Asahi Hashimoto, and others was released in the press.

Hashimoto, A., Chiu, C., Onda, Y., Tateishi, M., Tsuruta, K., Gomi, T., Satellite remote sensing model for estimating canopy transpiration in cypress plantation using in situ sap flow observations and forest inventory, ISPRS Journal of Photogrammetry and Remote Sensing, 2023, DOI:10.1016/j.isprsjprs.2023.11.009 (P-23-04)

PRESS RELEASE (PDF) Jump to University of Tsukuba website!


 

A paper was published in ‘Scientific Data’

The paper “Concurrent datasets on land cover and river monitoring in Fukushima decontaminated catchment during 2013–2018” by Dr. Bin Feng and Professor Onda of the University of Tsukuba was published.【DOI】10.1038/s41597-023-02452-0
This paper is based on four datasets published by ERAN Database in 2022. (DOI:10.34355/CRiED.U.Tsukuba.00146, 10.34355/CRiED.U.Tsukuba.00147, 10.34355/CRiED.U.Tsukuba.00148, 10.34355 /CRiED.U.Tsukuba.00155)
They introduce all leaked data, GIS vector data, and remote sensing data from the paper published in Nature Sustainability.


The paper “Diversity of Na+ allocation in salt-tolerant species of the genus Vigna” by ERAN 2019 recipient Yusaku Noda (National Institutes for Quantum Science and Technology) and Jun Furukawa (University of Tsukuba) and colleagues has been published and selected for the cover of the latest issue of the journal ” Breeding Science”, the journal in which the paper was published. Please take a look.

Diversity of Na+ allocation in salt-tolerant species of the genus Vigna, Noda, Y., Sugita, R., Hirose, A., Kawachi, N., Tanoi, K., Furukawa, J. and Naito, K.,  Breeding Science, 2022, DOI:10.1270/jsbbs.22012 (Y-19-05)


A paper entitled “Novel 90Sr analysis of environmental samples by Ion-Laser InterAction Mass Spectrometry” by ERAN member Maki Honda of JAEA (Japan Atomic Energy Agency), Aya Sakaguchi (University of Tsukuba), and others has been published.

This paper was selected as the cover of the latest issue of the journal “Analytical Methods”.
Please take a look.

Novel 90Sr analysis of environmental samples by Ion-Laser InterAction Mass Spectrometry, Maki Honda, Martin Martschini, Oscar Marchhart, Alfred Priller, Peter Steier, Robin Golser, Tetsuya K. Sato, Tsukada Kazuak, Aya Sakaguch, Anal. Methods, 2022, 14, 2732-2738, DOI:10.1039/D2AY00604A 


 


A paper has been published in Nature Sustainability!! [DOI] 10.1038/s41893-022-00924-6


News

2022.10.11  Obituary: Dr. Michio Aoyama
2022.07.15  A paper has been published in Nature Sustainability!!
2022.01.05  Special Feature: Interview with Dr. Sakaguchi about Preparation of Materials for IAEA PT” is now available.
2022.01.05  Open call for 2022
2021.11.15  IAEA RAS5084 “Assessing and Improving Soil and Water Quality to Minimize Land Degradation and Enhance Crop Productivity Using Nuclear Techniques “および関連する国家プロジェクトに係るデータをERANデータベースにて公開いたしました。
2021.09.09  福島民報新聞「森林重量の調査法開発 福大環境放射能研究所チーム」が掲載されました。
2021.09.09  福島民友新聞「樹木数ドローンで推定 チェルノブイリ調査活用へ 福島大」が掲載されました。
2021.09.08  研究成果「チェルノブイリ立入禁止区域における ドローンを用いた新たな森林バイオマス評価手法を開発」が福島大学よりプレス発表されました。
2021.05.26  2021年度 ERANキックオフミーティングが開催されました。
2021.03.15  2020年度 ERAN年次報告会が開催されました。
2021.03.07  筑波大学、福島大学、JAEAの研究成果が記事になりました:時事通信
2021.02.26  ERAN サンプルアーカイブリストの掲載を開始しました。
2020.11.16  筑波大CRiED、JAEA、福島大IERの研究成果について、日本経済新聞に掲載されました。福島原発事故の放出状況を分析
2020.10.29  筑波大CRiED、JAEA、福島大IERの研究成果について、朝日新聞に掲載されました。福島の放射能濃度低下、チェルノブイリより早く 筑波大
2020.10.29 筑波大CRiED、JAEA、福島大IERの研究成果について、原子力新聞に掲載されました。筑波大他、福島の環境回復をチェルノブイリと比較し分析
2020.10.28 筑波大CRiED、JAEA、福島大IERの研究成果について、日刊工業新聞に掲載されました福島第一原発、セシウム量が急速に減少 筑波大など、放射性物質の動き検証
2020.10.28. 筑波大CRiED、JAEA、福島大IERの研究成果について、福島民友新聞に掲載されました。福島県内「環境回復」…大幅に速く チェルノブイリと『比較』
2020.09.20   JAEA、CRiED、NIESの研究成果が朝日新聞に掲載されました。 朝日新聞デジタルの記事はこちら。

2020.08.25    ホームページを更新しました。
2020.05.20   2020年度 ERANキックオフミーティングを開催いたしました
2020.04.05   2019年度ERAN年次報告会、開催いたしました
2020.02.26   2019年度年次報告会のWEB会議システム開催について(お知らせ)

過去のニュース一覧へ→

Interview by JcRIC

The website of the Council of National University Research Institutes and Centers features an interview with Prof. Yuichi Onda of the Center for Isotopes and Environmental Dynamics, University of Tsukuba (posted on Aug. 26, 2021) and Prof. Shinji Tokonami of the Institute of Radiation Emergency Medicine, Hirosaki University (posted on Sep. 01, 2021) as “Pioneers of knowledge who are taking on unexplored territories. Please check it out. Please take a look.

Newly Published Papers

Terrestrial and River
Air
Forest
Chemistry
Human
Biology

See all papers here→